アプリのマーケティングツールを活用して効率的な運用を

◆アプリマーケティングツールって何?

ASO対策に限った話ではありませんが、マーケティングにおいて重要なことのひとつに情報の分析があります。
マーケティングにおいて効果的な方法だと言われていても、実際にどの程度の効果を発揮するのかは試してみなければわかりません。そしてその施策がどのような実績を出せているのかがわかってこそ、効果的な運用ができないのです。
Webサイトやブログなどでも、アクセス解析をすることによって改善策を打ち立てていきます。その際にはアクセス解析用のツールを使うことになりますが、それのアプリマーケティング版と言えるツールがあるのです。
アプリのマーケティングツールを使うことによって、これまでに獲得したユーザーがどの程度継続をしているのか、そしてそのアプリを活用しているのかがわかるようになります。
課金が発生するアプリの場合は、どのコンテンツにどれだけのお金が使われているのかが見えるようになるのでとても参考になります。
もちろん実際のデータから分析していくこともできますが、専用のツールがあるのとないのとでは効率に大きな差があるから、アプリのマーケティングツールは重要視されています。

◆具体的にアプリのマーケティングツールでできること

アクセス解析ツールにもさまざまな種類があるように、アプリのマーケティングツールにもいろいろなものがあります。
たとえば「Repro」というツールでは、Webとの連携も含めたマーケティングを得意としています。
ユーザーがお気に入りに入れた商品の特別価格を提示してプッシュ通知し、そこから購入につなげる流れもツールから簡単に作れるのです。プッシュ通知の配信時間帯によるデータの違いなども比較できるので、とても便利です。
ほかにも「LogBase」というマーケティングツールでは、ユーザー分析の結果から行うマーケティング施策を簡単に行えます。そしてそれによって得られたデータから課題発見や新たな施策の実行などをスムーズに行えるようになります。
アプリマーケティングを初めて行う場合、そもそもどこから手をつければ良いのかと困ってしまう人も少なくありません。
だけど実際にツールでできることから、アプリマーケティングは何をすれば良いのかが見えるようになり、それらを簡単に実践できるようになるのです。
慣れていない人だからこそツールを導入すべきであり、慣れてきた人はよりそれらのツールを活用できるようになります。
行き当たりばったりでできるほど、アプリマーケティングは簡単ではありません。効果的・効率的にサポートしてくれるツールがあるなら、積極的に導入するべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *