宇都宮買取店おすすめその6

宇都宮のオトワリバースとは
栃木県宇都宮の「オトワ リバース&リバイバルワークショップ」はリサイクルショップですが、これまでのリサイクルショップとは違ったイメージがあります。そもそも店主がリサイクルショップをスタートさせたのは、18歳の時に訪れたニュージーランドのショップで衝撃を受けたことによります。日本でのリサイクルショップとはまったく違い、非常に質の良いオシャレなものが並んでいるのが現地のリサイクルショップだったのです。日本のショップはといえば、並んでいる商品はどこか薄汚れていて、新品を買えない人がしょうがなく使うというようなイメージがあるのではないでしょうか。ニュージーランドのショップに衝撃を受けた店主は、日本のリサイクルを変えたいという気持ちを抱くようになり、修行期間を経て2013年ついに自分の店舗をオープンさせたのです。

宇都宮でインテリア同好会
新しいリサイクルをコンセプトに満を持してオープンしたオトワリバースにはさまざまな商品が並んでいます。生活家電をはじめとして、古き良き時代に使われていたアンティーク家具など、いずれも美しく仕上げられた自慢のアイテムばかりです。店名のリバースには、単に再利用するというだけではなく、再びよみがえって脚光を浴びるという意味が込められています。オトワリバースがモットーとするのは、良質のものをより良い価格でお届けすることです。

そんなオトワリバースは、定期的にインテリア同好会を開いています。同好会には、司会進行役はいるものの先生や講師がいるわけではありません。テーマに基づいてみんなで自由に意見を交換するというのが同好会の習わしです。同好会は家具やインテリアが好きな人は誰でも参加することができ、お部屋の模様替えやコーディネートなどに役立てることができます。なお、参加費はかかりません。

また、オトワリバースにはオリジナルブランド「estarc(エスターク)」があります。買取などで入手した家具はリメイク、補修、分解などが必要となりますが、その過程を通してさまざまなものが見えてきます。国による違い、ブランドによる違いなど、家具にはそれぞれに方針やコンセプトがあります。オトワリバースは、それらをつぶさに感じ取っていくことで真摯に家具と向き合い、オリジナルブランドを立ち上げるに至ったのです。estarcは、家具が好きで仕方がないという店主が生み出した自慢のブランドです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *