宇都宮買取店おすすめその7

ダイヤを高価買取してもらうには

ダイヤを高価買取してもらうためには、ブランドジュエリーであることが大切です。ブランドとノンブランド、どちらが高く買い取ってもらえるかというと、どうしてもブランドのほうが高く買い取ってもらえることになります。

ダイヤのついたブランドといえば、ティファニーやハリーウィストンですが、ハリーウィストンはかなり高く買い取ってもらえることがほとんどです。
ハリーウィストンのダイヤは定価の30パーセントから40パーセントの買取価格がつく場合が多いです。
ノンブランドのダイヤになると、定価のおよそ10パーセントほどの買取価格になります。

ノンブランドよりブランドのダイヤが高く買い取られる理由は、ブランドのものはデザインにコストをより多くかけているからです。
その分、ノンブランドよりも価値があると考えられているのです。

ダイヤを高価買取してもらうには、やはり質と重さが重要となってきます。
ダイヤの重さはカラット表示されるのが一般的です。
カラットの重量が高いほど、定価も高額になり、買取価格も上がることになります。
また、質は煌めきと透明度で判断されます。
ダイヤは微量の不純物を含んでいるのですが、透明度が高いほど、買取金額は高額になります。
無色透明のダイヤは希少価値が高くなり、高価買取してもらえることがほとんどです。
ダイヤのカットも重要で、職人の腕と技術によって、ダイヤのカットは変わってきます。ダイヤのカットが優れているものほど、高価買取してもらえます。

ダイヤを売る際に鑑定書は必須

ダイヤを売る際に鑑定書は必須となります。
ダイヤの品質を見るだけではなく、持ち込まれたダイヤと合致する鑑定書なのかを見られます。

鑑定書がない場合は、ダイヤモンドの鑑定で最も信頼を置ける中央宝石研究所などに鑑定依頼を出すといいでしょう。
ダイヤを鑑定してもらうことができ、鑑定書を再発行してもらうことができます。
発行には料金がかかりますが、一般の人でも鑑定してもらえます。

なお、鑑別書を鑑定業者に持ち込まれる方がいますが、これは鑑定書の代わりにはなりません。

鑑別所はダイヤであることの証明にはなりますが、ダイヤの品質までは載っていないからです。

このようにダイヤを売る際には鑑定書が必要になるので、買取業者に持ち込む際には忘れないようにしましょう。
鑑定書がなくても買取をしてもらえますが、正確な査定価格にはならないことがほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *